アンナチュラル1話がコロナウイルスに似たドラマだと話題に!ネタバレ感想をご紹介!

アンナチュラル1話がコロナウイルスに似たドラマだと話題に!ネタバレ感想をご紹介!
Pocket

2018年1月期のTBSドラマ『アンナチュラル』は、主演の石原さとみさんが法医解剖医を演じて話題になりましたね。

『アンナチュラル』は、架空の研究機関『不自然死究明研究所(UDIラボ)を舞台に、法医解剖医たちがさまざまな「死」を扱いながら、その裏側にある謎や事件を解明していくというストーリーです。

法医学は、「死んだ人のための学問」ではなく、「未来のための仕事」という言葉通り、不自然な死、不条理な死と向き合い、未来にいる誰かを救命するため主人公、三澄ミコトたちが奮闘します。

そんな『アンナチュラル』の第1話が、現在全世界で猛威を振るっている『新型コロナウィルス』の状況に似たドラマだと話題になっているんです。

それってどういうことなんでしょう!?気になりますね!!

という訳で、今回はアンナチュラル1話がコロナウイルスに似たドラマだと話題に!ネタバレ感想をご紹介!についてお伝えしていきます!

 

アンナチュラル1話あらすじネタバレ

第1話「名前のない毒」は、一人暮らしで突然死した高野島渡をめぐる物語です。

健康な息子が突然、虚血性心疾患で亡くなったとの説明を受け、納得のいかない両親がUDIラボに直接依頼し、ミコトたちが死因を究明していきます。

 

高野島と同僚女性の死

高野島の遺体から急性腎不全の症状が見つかり、薬毒物死が疑われました。

さらに高野島と一緒に働いていた女性同僚が、高野島死亡の翌日に死亡していたことが分かります。

女性同僚の死因は喘息発作による呼吸困難でした。

 

婚約者が容疑者?

また、高野島には婚約者(馬場路子)がいて、彼女が第一発見者でした。

ミコトたちは研究材料を集めるため高野島のアパートを訪れていましたが、そこに現れた馬場は婚約者が亡くなったにも関わらず冷静な様子を見せていたのでした。

馬場は劇薬毒物製品の開発に携わっており、会社では「高野島と同僚女性はデキていて、浮気がバレて馬場が二人を殺害したのでは」との憶測が広まっていました。

しかし、馬場が毒殺したとする証拠は発見されず、ミコトは行き詰まってしまいます。

 

高野島の本当の死因はウイルス感染だった

海外の症例をPCで検索していたミコトの元に、共に作業をしていたバイトの医大生・久部がやってきて、「高野島が風邪をひいていた時に、たまたま同僚女性も風邪をひいたので二人はデキていると噂話になっただけであったこと」「高野島はサウジアラビアに出張に行っていたこと」を伝えると、ミコトは閃きます。

そして、高野島が死亡率38%超のMARSコロナウィルスに感染していたことを突き止めました。

高野島はサウジアラビアから帰国してから3日後に健康診断を受けていましたが、その病院で多数のMARS感染者が出ていることが判明します。

国内でMARS感染者が発生したことは大ニュースとなり、ウィルスを持ち込んだとして高野島はマスコミやSNSから批判の嵐を受けることになります。

ミコトは再び馬場に会いに行きますが、その時ふと気づいたことが…

 

高野島がウイルスを国内に持ち込んだのか?

高野島は帰国後すぐに馬場に会っている(しかも男女の関係もある)のに、馬場が感染していないのはなぜなのか?

答えは、「高野島が一人目の感染者ではなかったから(帰国時は感染していなかったから)」でした。

高野島が健康診断を受けた病院にはMARSウィルス研究施設があり、そこからウィルスが漏れ、高野島が死亡する1か月前にはMARSに感染した人がいたというのです。

ミコトたちはMARSは院内感染であったことを証明し、高野島は被害者であった(健康診断の際にうつされた)ことも証明できました。

このことにより病院側は隠ぺいの事実を認め、さらなる感染拡大防止と高野島の名誉を晴らすことができたのです。

ミコトたちの仕事が、未来を救ったと言えますね。

 

 

アンナチュラルが新型コロナウイルスに似ている!?

MARSコロナウイルスが海外から侵入してきたという点が、現在流行している新型コロナウイルスの状況と全く同じですよね。

そして、国内で感染確認。

院内感染も発生します。

 

リアルすぎる描写

作中では、感染が発覚した高野島に対して、SNSに「名前と住所をさらせ」「こいつのせいで被害拡大」などの心ない書き込みがされるようになり、両親の元にはマスコミが大勢駆けつける事態になります。

最近「悪いのは人ではなくウイルスだ」という言葉をよく耳にしますが、新型コロナウイルス感染者(または濃厚接触者、さらには医療従事者などの関係者)に対する差別も問題になっていますよね。

また、高野島の父親が「息子が無理をして帰国したのは、会社を休んではいけないという気持ちがあったから」という話をしています。

これは、体調が優れなくても仕事や学校に行かなければ、と思ってしまう人がいる現在の状況を思わせる言葉でした。

 

国内でのMARS感染は?

ちなみに、実際のMARSコロナウイルスは、日本での発症は確認されていません。

しかし、何かのきっかけで日本に侵入し新型コロナウイルスのように感染が蔓延する危険はあります。

そういえば、新型コロナウイルスも中国の研究施設から流出したとか、人工的に造られたとか、色んな話がありましたけど、結局のところはどうなんでしょうね…。

 

アンナチュラル感想をご紹介!

新型コロナウイルスに似ている『アンナチュラル』第1話でしたが、ここで感想の声をご紹介します。

 

アンナチュラル1話がコロナウイルスに似たドラマだと話題に!ネタバレ感想をご紹介!まとめ

という訳で、今回は新型コロナウイルスに似ていると噂の『アンナチュラル』第1話のネタバレと感想についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

噂通り、そっくりで驚きましたね。

感染の状況だけではなく、SNSで叩かれる様子はまさに現在の日本も同じようなところがあるなと思いました。

差別的な言動が社会問題にもなっていますが、悪いのはウイルスです。

(中には自粛要請を無視して感染する人もいますが…)

感染者やその家族、医療に携わる人たちが心ない言葉で傷つけられることのないように…。

そしてこの事態が早く収束しますように…。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。