笑ってはいけない2019佐野史郎はカットでお蔵入り?ブチギレたって本当?

ガキ使2019怪我骨折した俳優佐野史郎のシーンはカット?ブチギレたって本当?
Pocket

ガキ使2019の収録中に佐野史郎さんが怪我骨折をしてしまったようです。

そのシーンはどのようなシーンだったのでしょうか?

おそらくカットしてお蔵入りとなるのではないかと予想します!

そして佐野史郎さんは、怪我骨折をしてブチギレたのでしょうか?

そりゃあ、私ならブチギレますよ(笑)

それでは今回は笑ってはいけない2019佐野史郎はカットでお蔵入り?ブチギレたって本当?をお届けして参ります。

早速参りましょう♪

 

『笑ってはいけない』2019で俳優佐野史郎は怪我はどうして骨折したの?

11月6日、茨木県でガキ使の撮影中に、液体窒素を入れたペットボトルを破裂させて体を浮かせるという企画に挑戦した後、腰の痛みを訴えたので病院に行くと、腰椎骨折で全治2カ月と診断されそのまま入院したようです。

腰椎骨折とはどのぐらい深刻なのでしょうか?

少し見て参りましょう!

 

腰椎骨折とは?

手足の骨の骨折と違ってポキッと折れるのではなく、つぶれるタイプの骨折です。

安静に寝ていると軽減します。

多くの患者さんは数カ月間で骨癒合して治りますが、椎体の変形がある程度起こり、背中が曲がったり身長が縮みます。

椎体が極端に潰れると骨片が脊柱管に突出して神経を圧迫し、下肢の疼痛やしびれ、筋力低下を引き起こし歩行困難となることもあります。

引用元:徳洲会グループ

なるほど!

折れるのとは違うようですね…

 

腰椎骨折の治療法は?

椎体骨折の治療はコルセットを装着して骨折部の安静を図り、骨癒合を期待することです。

疼痛が強い場合には鎮痛剤を使用します。

骨癒合だけ考えると安静臥床がいいのですが、長期間の安静臥床は筋萎縮を招いて歩行困難となるので、早期にリハビリテーションを併用して離床と歩行の訓練を行います。

引用元:徳洲会グループ

やはり、骨折なので安静にするしかないようですね…

痛みなどないといいのですが…

早く復帰できるといいですね~

 

 

『笑ってはいけない』佐野史郎シーンはカットでお蔵入り?

骨折をした佐野史郎さんは下記の様にコメントしています。

「私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております。人間万事塞翁が馬」

コメント:佐野史郎

ご本人も子のようにコメントしているので、おそらくカットせずに放送するのではないかと予想します!

正直、どちらがいいのかはわかりません。

ガキ使の年末の放送がなかったとしたら、もしかしたら普段のガキ使で佐野史郎さんが回復した時にゲストとして出演した際に後悔されたりするかもしれませんね…

佐野史郎さんの意志と制作側の判断でなんとも言えませんね…

>>ガキ使2019を見返す<<

 

 

『笑ってはいけない』2019佐野史郎さん骨折怪我でブチギレたって本当?

制作者側と松本さんの謝罪で佐野史郎さんはブチギレてはいません

シーンはカットして欲しくないと、佐野史郎さんも言っていることから問題はないのではないかと思います。

ところが、小さな食い違いが出来てしまいます。

少し見てみましょう♪

 

 

骨折のシーンは佐野史郎の意見から?

見解の行き違いは下記の流れの様です。

佐野史郎さんの怪我骨折のシーンは、佐野史郎さんがもっとこうしたいという要望があって起こったことだという制作会社側の意見。

佐野さんはそんなことを言っていないと意見の食い違いが起きてしまいました。

制作会社側と松本さんの謝罪で問題は大きくはなりませんでしたが、怪我骨折後の佐野史郎さんは仕事もキャンするしなくてはならないこともあったと思います。

 

 

怪我骨折後の佐野史郎の様子とは

どうやら手術はしないで無事に退院出来たようですね…

回復してこの怪我も笑い話になるようになるといいですね♪

ひとまず、回復を祈りましょう♪

 

佐野史郎怪我骨折のシーン見たいツイッターの声とは?

放送は微妙・笑ってやろうなど意見は様々ですね!

ガキ使だけではないのですが、お笑い界の少々行き過ぎた笑いの取り方は考えてしまう時もありますが、体を張って笑わせてくれているのかと思うと頭が下がりますが、ほどほどに怪我のないようにと望みます!

 

まとめ

笑ってはいけない2019佐野史郎はカットでお蔵入り?ブチギレたって本当?チギレたって本当?をお届けして参りましたがいかがでしたでしょうか?

笑ってはいけない2019佐野史郎はカットでお蔵入りになりました。

ガキ使2019怪我骨折した俳優佐野史郎は食い違いはあったもののブチギレてはいません。

佐野史郎さんの一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。