ラプンツェルの船のシーンのランタンや街並みモデルになったロケ地をご紹介!

Pocket

数々のディズニープリンセスの中でも人気が高く、誰もが憧れるあのロマンチックな世界観を描いたディズニー長編アニメの記念すべき50作目となる『塔の上のラプンツェル』‼

5月1日の「金曜ロードSHOW!」で放送されますね!

ディズニープリンセスアニメではそれぞれ、街並みやお城のモデルなった場所が存在しています。

そして『塔の上のラプンツェル』では、何と言っても船のランタンのシーンが幻想的ですね…

今回放送される『塔の上のラプンツェル』にもモデルやロケ地になった場所があるようなんです!

という事で今回は「ラプンツェル船のシーンランタンや街並みモデルになったロケ地をご紹介!」と題して気になる世界観に迫っていきたいと思います!

 

『塔の上ラプンツェル』船のシーンのランタンのモデルの場所はどこ?

『塔の上のラプンツェル』の代表的なシーンともいえるストーリーの中でも1年に1度とされるランタンを飛ばすシーンはとても幻想的ですよね~♪

世界的にランタンを飛ばすお祭りは数々あるようなんですが、実際に『塔の上のラプンツェル』では、タイで毎年行われる「コムローイ」という お祭りがモデルになっているんです!

ストーリーの中でもあれだけの印象的な映像が実際にあるとなると、1度は見てみたい景色ですよね!

 

船のシーンのランタンのモデルの場所の「コムローイ」をご紹介!

「コムローイ」が行われるのは、タイのチエンマイという都市近郊で毎年11月頃開催されます。

仏陀に日ごろの感謝を捧げるとともに、そのランタンが消えて見えなくなるまで願いを込めて見送るお祭りなんです!

『塔の上のラプンツェル』の中でも消えたプリンセスに対する願いを込めたランタンとされているのでそこもリンクしますよね!

その光景を一目見たいと世界中から多くの人が観光で訪れる「コムローイ」ですが、そんな観光の方向けの「イーペン・ランナー・インターナショナル」というランタンのお祭りがあり、そのチケットはツアーに申し込まないとほとんど手に入れる事ができないといわれる程人気で、毎年8月~9月には既に完売してしまう程なんです‼

ただ、参加せず見るだけでいい!という方はチケット購入の必要は無いみたいですよ♪

 

『塔の上のラプンツェル』お城のある街並みモデルになったロケ地はどこ?

『塔の上のラプンツェル』の中でラプンツェルがプリンセスとして帰るあのお城がある街並みにも、実はモデルになったロケ地が存在するんですよ!

ラプンツェルは「コロナ王国」という街のプリンセスとして生まれています。

そのコロナ王国のモデルとなったロケ地は、フランスの西海岸にあるサン・マロ湾に浮かぶ小さな島の上にあるキリスト教徒の修道院なんです。

この修道院は、1979年に「モン・サン=ミシェルとその湾」としてユネスコ世界遺産に認定されているんです!

モン・サン=ミッシェルの場所をご紹介!

「モン・サン=ミシェル」はパリから280Km(直線距離)の場所にあり、4時間前後かかりますが静かな田舎町の様な場所で夜空に浮かぶ星空はまた格別だと言われる場所です。

そんな「モン・サン=ミシェル」はパリから3つの方法で行く事ができます。

  • 鉄道&バス
  • 長距離バス
  • 現地のバスツアーに参加

この3つはそれぞれ掛かる時間やコストが異なる為、もし行かれる際には調べてその時のプランに合わせて選ばれる事をおススメします‼

 

『塔の上のラプンツェル』ラプンツェルが住む塔のモデルはある?

こちらはラプンツェルが住んでいた塔のモデルになったとされる「トレンデルブルク城」です。

13世紀、トレンデルブルクという集落があり、その中でも最も高い所に建てられたのが「トレンデルブルグ城」と言う、その集落にとって象徴ともいえる40mの塔を持つお城でした。

今ではドイツのメルヘン街道と言われる場所です。

見た目は、ディズニー映画の『塔の上のラプンツェル』に出てくる塔とはあまり似ていないようにも思えるんですが…『塔の上のラプンツェル』の原作はグリム童話で、そのグリム童話の中のラプンツェルが過ごした塔のモデルになったのが、この「トレンデルブルグ城」だとされているんです!

現在この建物は、「ホテル・ブルク・トレンブルク」として宿泊施設になっています。

『塔の上のラプンツェル』のモデルになった事もあり、塔の高い所にある窓からは長い髪の毛が下がっていたり、実際に髪の毛を使わなくても登ることのできる階段は、日中のみ登る事ができるのですが、130段にもなるそうです!

130段もあればやはり髪の毛で、上げてもらった方が楽そうですね…笑

「トレンデルブルグ城」へは、最寄りの「ホーフガイスマー」という駅から車で約15分程で行く事ができます。

バスも出ている様ですがバスの本数が少ないようなので、直接ホテルの送迎を頼むか、タクシーを利用するなどした方がいいようです。

 

『塔の上のラプンツェル』モデルの場所に行ってみた世間の声

 

ラプンツェルの船のシーンランタンや街並みモデルになったロケ地をご紹介!まとめ

中川翔子さんが吹き替えを担当した事でも話題となった『塔の上のラプンツェル』!

今回は『塔の上のラプンツェル』のランタンや街並みのモデルになった場所についてを見ていきましたがいかがでしたでしょうか?

今回コロナウイルスの影響で、2010年に公開された『塔の上のラプンツェル』がコロナ王国のプリンセスで18年間自粛生活をしていた…自粛生活のプロ…なんてことでも話題にもなっている様ですが…

実際この物語は、18年間自分が見てきた世界を飛び出し、自分が強く信じた愛に突き進む一人の少女が大人になっていく姿を描いた作品であり、そこが多くのラプンツェルファンを引き付ける魅力だと思います!

5月1日の「金曜ロードSHOW!」でコロナなんて忘れて、あのロマンチックな世界に浸りましょう‼

では、今回も最後まで見て頂きありがとうございました♪