ラプンツェル原作のグリム童話のあらすじをご紹介!元の話と違いはある?

ラプンツェル原作のグリム童話のあらすじをご紹介!元の話と違いはある?
Pocket

ディズニー映画の『塔の上のラプンツェル』をご覧になったことはありますか?

美しい映像に引き込まれるような、素敵なアニメーション映画ですよね。

とっても可愛らしいラプンツェルの姿は、子供にも大人にも人気があります。

女性ならきっと一度は憧れるなが〜い髪…お花の編み込みなんて可愛すぎますね!!

実はこの『塔の上のラプンツェル』はグリム童話が元になっているんですが、ご存知でしたか?

今回は、原作のグリム童話と映画のあらすじや違いについてお伝えしたいと思います。

 

ディスニー映画『塔の上のラプンツェル』あらすじ

ある王国の森の奥深くにそびえる高い塔に、ラプンツェルという少女が暮らしていた。ラプンツェルは18年間、育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられていた。それでも彼女は、自分の誕生日の夜に遠くの空に現れる無数の灯りを不思議に思い、外の世界への憧れを強くしていった。18歳の誕生日を翌日に控えたラプンツェルは思い切って「今年こそあの灯りを見に行きたい」とゴーテルに伝えるが、例の如くに「外は危ないから」と説き伏せられてしまう。

その日の朝早くに城からティアラを盗み出した大泥棒フリン・ライダーは、衛兵に追われて森へと逃げ込んでいた。追っ手を振り切った先で塔を見つけたフリンは壁をよじ登って侵入するが、油断したところをラプンツェルに気絶させられてしまう。一人で侵入者を捕まえたことで自信をつけたラプンツェルはティアラを隠し、目を覚ましたフリンに、ラプンツェルは”自分を「灯り」が現れる場所まで案内し、それが済んだら塔まで送り届けること。そうすればティアラを返す”という条件を突きつける。得意の口説き顔も通じない相手に、フリンはしぶしぶ条件を受け入れる。

ゴーテルの言いつけに背いて塔の外に出たラプンツェルは、母への後ろめたさを感じながらも、初めて見る世界に胸を躍らせる。一方、森の中に衛兵の馬がいるのを見て塔に引き返してきたゴーテルは、ラプンツェルがいなくなったことを知り、部屋でフリンの手配書を見つける。事態を察したゴーテルは、ラプンツェルを捜し始めるのだった。

引用元:Wikipedia

 

マザー・ゴーテルは育ての親

ラプンツェルは、本当は王国の姫として生まれたのですが、魔法の力欲しさに生まれてすぐにゴーテルに誘拐されてしまうのです。

魔法の力を独り占めするため、ラプンツェルには自分が本当の母であると言って塔に閉じ込めてしまったのです。

 

ラプンツェルとフリンその後

その後ラプンツェルは、約束通り「灯り」を見ることができました。

ラプンツェルは自分が王女であることに気づくのですが、ゴーテルに塔に連れ戻されてしまいます。

そして一緒にいたフリンも牢屋に閉じ込められてしまうのです。

フリンはなんとか牢屋を抜け出しラプンツェルを助けに行きますが、ゴーテルの罠にはまり刺されてしまいます。

ラプンツェルは自分の一生と引き換えにフリンを助けようとしますが、フリンもまた、意を決してラプンツェルの髪を切ってしまいます。

すると、ラプンツェルの髪の魔法で若い姿で生きていたゴーテルは、魔法が消えて消滅します。

ラプンツェルはなんとかフリンを救えないかと歌い、ラプンツェルの涙がフリンに落ちると、フリンは生き返るのでした。

その後二人はお城に戻り、結婚して幸せに暮らす…というお話です。

 

原作のグリム童話とは?

映画『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話が元になっているようです。

グリム童話とは、ドイツのグリム兄弟がドイツ周辺の古い民話を元ネタに、修正や加筆を加え出版した子供向けの童話集です。

2000年あたりに、『本当は怖いグリム童話』というのが流行しましたが、グリム童話の初版はかなり過激な内容が含まれているため、子供向けではないとされています。

子どもや家族で楽しめるように、と初版に修正を重ねたものが、現代で私たちが目にするグリム童話というわけです。

『塔の上のラプンツェル』の原作も、かなり残酷な描写があります。

グリム童話のタイトルは『ラプンツェル』『髪長姫』とも言われています。

 

原作グリム童話のあらすじ

ある夫婦に子どもが出来たのですが、妊娠中の妻は隣に住んでいる妖精(魔女)が育てている野菜を食べたがります。

夫はその野菜を盗み妻に食べさせたところ、妻はその美味しさに夢中になり、「食べないと死んでしまう!」と夫に話します。

盗んだ事がバレてしまい、夫は妖精に頼み込むのですが、「好きなだけ摘んでも良いが、その代わり生まれた子どもをよこせ」と言われます。

その野菜が『ラプンツェル』という名前なのです。

ラプンツェルは妖精の手に…

そうして、生まれた子どもは『ラプンツェル』と名付けられ、妖精の手で育てられることになります。

ラプンツェルは、金色の長い髪が美しい女の子でした。

ラプンツェルが12歳になった頃、森の中の塔に閉じ込められてしまいます。

 

ラプンツェルと王子の出会い

ある日、森の中を歩いていた王子がラプンツェルを見つけます。

王子は、妖精がラプンツェルの長い髪を伝って塔に入って行くのを真似して、自分も塔の中に入ることに成功します。

ラプンツェルは初めて見る男性の姿に驚きながらも、王子のことが気に入り、それから二人は逢瀬を重ねるようになるのです。

 

ラプンツェルが妊娠!?

そのうちラプンツェルは王子の子どもを妊娠します。

ラプンツェルの妊娠を知った妖精は激怒し、ラプンツェルの髪を切り落として塔から追い出してしまいます。

ラプンツェルは厳しい環境の中で、男女の双子を出産します。

 

王子への罰

ラプンツェルが追い出されたと知らない王子は、いつものように長い髪を伝って塔に入って行くのですが、そこに待っていたのは切り取った長い髪を持った妖精でした。

激怒した妖精は王子を塔から突き落とし、その衝撃で王子は目を失ってしまいます。

 

ラプンツェルと王子その後

奇跡的に再会できたラプンツェルと王子。

するとラプンツェルの喜びの涙が王子の目に落ち、王子の視力は回復するのです。

その後二人と子どもたちは、王子の国で幸せに暮らしました。

 

『塔の上のラプンツェル』元の話との違いは?

映画版ラプンツェルと、グリム童話版ラプンツェルのあらすじについて紹介してきましたが、違うところがいくつかありましたね。

 

ラプンツェルとお相手の身分が違う

まず映画版ではラプンツェルは姫の設定ですが、グリム版では一般市民の娘です。

映画版でのラプンツェルの相手役は、指名手配をされている王国一の泥棒であるのに対し、グリム版では普通の王子。

 

グリム童話の過激な描写がある

そしてグリム版にはラプンツェルの妊娠という性的な描写や、王子の目がつぶれるという残酷なシーンがあります。

これは子どもを含む大衆向けのストーリーとしては適していないですよね。

目がつぶれるなんて、トラウマものですよ…。

 

ディズニー映画らしさが追加されている?

その代わり、映画版では灯りや魔法のストーリーが加えられています。

ファンタジー要素を盛り込むことで、残酷だったグリム童話があら不思議、子どもも大人も大好きなディズニー映画になりました。

ちなみに映画版もグリム版も、最後は二人が幸せになるハッピーエンドでした。

めでたしめでたし。

 

ラプンツェル原作のグリム童話のあらすじをご紹介!元の話と違いはある?まとめ

『塔の上のラプンツェル』原作のグリム童話のあらすじや、映画版との違いについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

本当は怖いと言われているグリム童話、初版は特に過激だったようです。

過激な部分をカットし、ファンタジーなストーリーを加えて脚色したものが『塔の上のラプンツェル』というわけです。

映画を見たことがある方も、原作のグリム童話を見てから再び見てみると、また違った見方で楽しめるかもしれませんね。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。